CREW

PRODUCER

TOMMY WADA (SESSION TRAX / WOMB TOKYO)
Tommy Wadaは、当時のパートナーJoe.Tと設立した「MAGNET SOUNDS RECORDS」のエグゼブティブ・プロデューサー兼A&Rからキャリアをスタート。
20歳の時、その才能を「STRICTLY RHYTHM RECORDS」の社長に見出され、レーベルのマネージャーに選ばれ日本に帰国。東京のヴェニュー・シーンでのアンダーグラウンド・プロモーションに大きな影響を与え、貢献し続けている。
彼はNYのNellsやKings、Nylonでのプレイ経験を通じて音楽を磨いてきた。またWOMB、AGEHA、YELLOW、AIRなどの東京の代表的ヴェニューでもプレイしている。彼は11年にわたってWOMBの土曜日の住人の一人で、2009年にはベスト・ヴェニュー第4位に選ばれている。
2007年には、新レーベル「SESSION TRAX」をスタート。東京からトライバル・テクノ・ハウスの未来を目撃するレーベルとして今までに30曲以上をリリースしている。彼は世界中のアーティストとの大きなネットワークを通じて日本のエレクトロニック・ミュージック・シーンを世界へつなげる存在だ。
TOMMY WADA started his career as Executive producer/A&R, by founding "MAGNET SOUNDS RECORDS" with Joe. T, his partner at that time.
At the age of 20, his talent caught the eye of the president of "STRICTLY RHYTHM RECORDS". Having been chosen as the label manager, he came back to Japan. His contribution and influence on underground promotion in Tokyo club scene have been remarkable.
He has played from Nells, Kings, Nylon at New York and though all experiences his music developed. While he plays at Tokyo leading venues such as WOMB, AGEHA, YELLOW, AIR, to name a few. He has been one of the Saturday night resident Dj @ Womb for the last 11 years & been chosen as 4th best club in 2009.
In 2007, starts a label called "SESSION TRAX". which is the witness for the future of Tribal Tech House from Tokyo and has over 30 releases. He connects Japanese club scene to the world, having his great network with artists all over the world.

DJ

YUIKO KAWAUCHI
幼少期を海外で過ごし、9歳よりチェロを始める。帰国後、都内音楽大学付属高等学校へ進学し、現在大学院に在籍中。大学在学中より様々なアーティストのサポートミュージシャンとして活動する。オランダ在住時に出会ったダンスミュージックに強い影響を受け、2013年よりDJとして自らダンスミュージックへの接近を試みる。
Yuiko was born in Japan, and spent her childhood in Singapore and The Netherlands. After returning to Japan, she studied classical music at a music high school & college in Tokyo as a Cello major. She got inspired by the dance music she listened to while she lived in Europe, and from 2013, she attempted an approach to dance music as a DJ.